和風記念品、日本伝統工芸品|漆器・七宝焼き・江戸切子|3万円以上送料無料!全ての商品に名入れ可能!創業1989年東京都

会津漆器 重箱・御屠蘇

会津漆器

「匠の技と伝統の漆器”JAPAN”」

会津漆器が会津の地に本格的に漆工芸が根付いたのは、天正18年豊臣秀吉の命をを受けて会津の領主となった蒲生氏郷公が産業として奨励したことによります。
氏郷公は前の領地であった日野(滋賀県)から木地師や塗師を呼び寄せて先端技術を伝授させます。
これによって会津塗りの技術は飛躍的に進歩を遂げ、漆の栽培から加飾までを一貫して手掛ける一大産地となりました。
漆は東洋特有のもので、日本・中国をはじめベトナム・ミャンマーなどで発達しましたが、中でも日本のものは世界的に名高く、英語で磁器を"china"と呼ぶのに対して、漆器は"japan"と呼ばれるほどです。
古くから守り続けられている伝統の技と進化した技法が織りなす漆器は、日本を代表する伝統工芸品として世界からも高く評価されています。

選ばれる3つの理由

USB名入れ

その1.全ての商品に名入れが可能

弊社取扱い全ての商品に名入れが可能です。
大切な方への贈答品や記念品として是非名入れをご活用下さい。
世界に1つだけのオリジナル記念品をプレゼントしましょう。
お安くお急ぎの場合はメッセージカードがおすすめです。
※それぞれの商品でおすすめの名入れ加工方法が異なります。
詳しくはこちらをご覧下さい。

英語説明書

その2.安心の日本語英語説明書付き

海外のお客様にも喜んでいただけるように日本語英語説明書が付いています。
日本が誇る伝統工芸の技術は、日常の生活の中に美を取り入れ、永く愛される事で国内外を問わず使う方々の気持ちを豊かにしてくれます。
商品を渡すだけでなく、ストーリーも合わせてコミュニケーションツールとしてお役立てください。
※写真の英語説明書は会津漆器。

熨斗

その3.ギフトラッピング(包装、熨斗)

大切な贈り物には包装もこだわりたいもの。
開ける前からワクワクするようなオリジナル包装紙をご用意しております。
御祝、記念品など熨斗を掛ければワンランク上の気持ちのこもった贈り物をお渡しできます。
※全ての商品に包装のオプションサービスをご用意しております。
詳しくはこちらでご確認いただけます。

重箱と屠蘇器

重箱

「重箱の歴史」

重箱の歴史はかなり古く、室町時代にすでに使われていたと考えられています。
料理を入れてから二重から五重に積み重ねますが、四季を表す四重が正式とされています。
四段目は四を「し」とも読め、死を連想させることから「与の重」と呼ぶのが一般的です。
重箱が一般的に普及したのは江戸時代からで、本格的に重箱の製造が始まりました。
武家や大名のもとでは漆塗りや豪華なものも作られました。
この頃から狩りに出かける時に持ち運びに便利なものも作られていたようです。
形状は四角が一般的ですが、円形や六角形、八角形のものもあります。
今日では主に、正月のおせち料理の他、慶事、仏事の料理、花見や運動会などの弁当、また鰻重の器などに使われています。
たまには目先を変えて重箱に盛り付けるのもの食卓が華やかになります。


「御屠蘇とは」

御屠蘇とは、一年間の邪気を払い長寿を願って正月に飲む薬酒のことを屠蘇と言います。
中国では唐の時代から始まり、日本では平安時代が始まりとされています。
昔から、「一人これを飲めば一家病無く、一家これを飲めば一里病無し」と言われ、正月の祝いの膳には欠かせないものとなっています。
元日の朝、家族揃って祝い膳を囲み、新年の挨拶をかわした後、屠蘇を無病息災を願い年少者から年長者へ順に飲むのが習わしです。
正式には屠蘇三献といって、三つ重ねの盃を使い、一人が三つの盃の上から順に飲み干して次にまわします。
他の盃を用意して、家族が同時に乾盃をしても良いでしょう。
また、お酒が飲めない方やお子様には盃に口を付け、飲むまね事だけでもすると良いと思います。

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • « Prev
  • Next »

21商品中 1-21商品

  • お問い合わせ
  • 法人様お問い合わせ
  • 和風記念品名入れ

カテゴリーから探す

グループから探す

人気アクセスランキング

運営会社

ジャパンプライズ株式会社

〒157-0062
東京都世田谷区南烏山5-25-8 下山ビル3F
Tel) 03-5384-3081
Fax) 03-5384-3082
Mail) info@japanprize.com

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
             
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
             

営業時間:AM9:00〜PM17:00
定休日:毎週土日/祝日

  • 日本伝統工芸品
  • トロフィー
  • ピンバッジ
  • 東京商工会議所
  • 日本国際観光協会
  • 日本官公庁