和風記念品、日本伝統工芸品|漆器・七宝焼き・江戸切子|3万円以上送料無料!全ての商品に名入れ可能!創業1989年東京都

日本の伝統工芸品を贈る喜び 海外向け名入れ記念品

伝統工芸品名入れ

「海外で人気のメイドインジャパンについて考える」

近年、世界中でメイドインジャパン製品やで純和風の伝統工芸品の需要が高まっています。
外国人観光客はメイドインジャパン製品が欲しくて日本に来たり、伝統産業の海外進出も増えています。
私たちが海外のブランドをカッコいいと思うように、私たち日本人が古臭いと思うものでも海外の方々からするとメイドインジャパンブランドに見えているのです。
日本の伝統工芸品は、古くから受け継がれる伝統的な手法によって職人の手で1つずつ丁寧に作り上げられる非常に奥深いものです。
それぞれの伝統工芸品の特徴や、出来上がるまでの製作工程を知ることで、その深い魅力を感じることができます。
ここでは弊社取扱いの商品についてそれそれの特徴や製法を詳しく紹介していきます。
海外出張の記念品や、外国要人向け贈答品など大切な方への贈り物として、日本の心を伝えるメイドインジャパン製品を贈ってはいかがでしょうか。


東京の伝統工芸品 江戸切子とは?

江戸切子(えどきりこ)は、東京都(江戸)で作られているガラス工芸品です。
切子とはカットグラスの意味で、その美しさから現在でも酒器やグラスとして親しまれています。
もともとは無色透明なガラスの表面に模様を入れる工芸品でしたが、明治時代以降になると技術の確立に伴い、色被せ硝子を使った江戸切子が多く生産されるようになりました。
今では青色や赤色などの硝子に細工を入れたものが江戸切子である、というイメージも強まりつつあります。
江戸切子の特徴は、華やかで独特なカットが施されたデザインです。
代表的な「魚子(ななこ)紋」は細かな線がたくさん入り、近くで見ると小さな四角形が並んでいるように見えるデザインで、魚の卵が連なる様子に似ていることから魚子と名付けられました。
ほかにも、植物をモチーフにしたデザイン「菊つなぎ紋」「麻の葉紋」など、日本らしい模様が彫られた江戸切子もあります。


実用的な工芸品 山中漆器とは?

山中漆器(やまなかしっき)は、石川県加賀市の山中温泉地区で作られている漆器です。
山中独自の木地挽物技術に優れており、主にお椀や茶托など丸い物の製造が一般的で、茶道具の棗(なつめ)など木地の多くは山中で挽いています。
山中漆器の特徴は、自然の木目と優雅な蒔絵(まきえ)の美しさです。
山中漆器には、加工した天然木に漆を塗って仕上げる伝統的な「木製漆器」と、プラスチック素地にウレタン塗装をした「近代漆器」があります。
山中の「木製漆器」は、豊富な種類の「加飾挽き」や華やかな「蒔絵」の技術で知られ、名人たちによる繊細で高度な技術が現在にも伝えられています。
制作行程のほとんどが地道な手仕事のため、完成までに長いもので1年以上かかる場合もあります。
一方の「近代漆器」は、木だけでは表現できない色彩や形状が魅力で、自由度が高いため、インテリア空間などにも活かされています。
また、プラスチックの一種であることから耐久性や手入れの容易さにも優れており、学校給食用の器にも採用されています。


本格派漆器 会津塗とは?

会津塗(あいづぬり)は、福島県会津地方で作られている漆器です。
製造工程において、お椀等の丸物とお盆・文庫等の板物に分類され、松竹梅と破魔矢を組み合わせた模様は会津絵と呼ばれています。 会津塗の特徴は、縁起の良い意匠や多彩な加飾の美しさです。
また、他の産地の漆器より溝を細かく浅く彫るので、装飾からは柔らかな表情を感じることができます。
江戸時代では黒・朱・青光(緑)の色が多く使われていましたが、近代になると赤茶のうるみやオレンジ色の洗朱(あらいしゅ)も用いられるようになり、限られた色数の中から考案された配色も見所になりました。
上塗りには、錆漆(さびうるし)を施して鋳物のような渋みのある「鉄錆塗(てつさびぬり)」、もみ殻で模様を作る「金虫喰塗(きんむしくいぬり)」などの技法が施されます。
他にも木目の美しさを引き出した「木地呂塗(きじろぬり)」、油を加えて光沢を出す「花塗(はなぬり」」などの様々な上塗り技法があり、それぞれ高度な技術が要求されます。
加飾では、漆をたっぷり含ませた筆で描き、乾燥の具合を見ながら金粉の最も細かい消粉を真綿で蒔きつける「消粉蒔絵(けしふんまきえ)」が会津塗を代表する技法です。


伝統工芸品の王者 尾張七宝とは?

尾張七宝(おわりしっぽう)は、愛知県あま市および名古屋市一帯で作られている焼き物です。
風景や花鳥風月などの華やかな図柄をあしらっており、仏典に言う七つの宝を散りばめられているように美しいという意味から「七宝」という名前が付きました。
尾張七宝は、銅や銀の金属素地の表面に、色付きのガラス質の釉薬(ゆうやく)を施すことが特徴です。尾張七宝には様々な技法があります。
「有線七宝(ゆうせんしっぽう)」は、近代の七宝の基本技法で、銅や銀の素地に描いた下絵に沿って金属線を立てた輪郭を作ります。
その後、釉薬をさして焼き上げて研磨したものです。
「無線七宝(むせんしっぽう)」は、「有線七宝」とは異なり、焼成する前に金属線を取り除いたり、初めから金属線を使用しません。そのため、ぼかしの表現が可能です。
「盛上七宝(もりあげしっぽう)」は、研磨の工程で、盛り上げる部分に釉薬を盛って焼き上げるため、立体効果があります。
「省胎七宝(しょうたいしっぽう)」は、完成品がガラス製品のように見える焼き物です。
銅の素地に銀線を立てて透明釉をさして焼き上げて研磨した後、酸で腐食させて銅の素地を取り除く技法を用います。
七宝にはさまざまな技法があり、それらを組み合わせて新しい技術が生まれています。
七宝独特のガラスのきらめく様や、鮮やかな色味が人々を魅了しています。


皇室御用達 東京銀器とは?

東京銀器(とうきょうぎんき)は、台東区や荒川区、文京区など主に東京都で作られている金属工芸品です。
江戸時代から伝わる伝統工芸のひとつで、現在も鍛金師(たんきんし)や彫金師(ちょうきんし)、仕上師(しあげし)と呼ばれる職人がその技法を受け継いでいます。
原材料には主に銀が使われており、製品は器物や置物、耳かき、装身具など多岐に渡ります。
また、銀は無害で長持ちするため、ベビースプーンや菓子切などカトラリー類も多く作られています。
東京銀器の特徴は、銀特有の優雅な輝きと江戸らしい粋な風情です。その工程のほとんどは丹念な手作業で行われ、職人はさまざまな技法を駆使して独自の作品を生み出しています。
また、銀は空気中の硫化(りゅうか)ガスと化学反応して、次第に光沢を失う「硫化(りゅうか)現象」を起こします。
この現象を利用してアンティークのような雰囲気を出す古美(ふるび)という仕上げ方法があり、多様な質感が楽しめることも銀製品の魅力です。
職人技の粋を極めた作品の数々は根強い人気を誇っており、日用品のほか贈答品や記念品にも用いられています。

伝統工芸品名入れ 人気ランキング

伝統工芸品名入れ七宝焼き額

第1位 七宝焼き(額)

伝統工芸品名入れの人気第1位は七宝焼き(額)です。
日本の伝統工芸品として世界中にもファンの多い七宝焼きは、陶磁器にはない透明感と、鮮やかな釉薬の下からのぞくきらきらとした銀の輝きが特徴です。
生地も銅板で出来ておりますので、陶器よりも耐久性が強く海外向けの記念品として扱いやすいのも人気の一つです。
海外支社の創立記念や竣工記念の贈答品として選ばれております。

伝統工芸品名入れ漆器屏風

第2位 漆器屏風

伝統工芸品名入れの人気第2位は漆器屏風でした。
漆は東洋特有のもので、日本・中国をはじめベトナム・ミャンマーなどで発達しましたが、中でも日本のものは 世界的に名高く、英語で磁器を"china"と呼ぶのに対して、漆器は"japan"と呼ばれるほどです。
これは漆器が日本独特の伝統工芸品であることを意味します。
海外向け記念品としてモダンで温かみのある会津漆器を贈ってみてはいかがでしょうか。

伝統工芸品名入れ七宝焼き皿

第3位 七宝焼き(皿)

伝統工芸品名入れの人気第3位は七宝焼き(丸皿)でした。
ダイナミックに繊細に描かれた赤富士や鶴など日本を感じさせるデザインが人気の丸皿。
まさに日本の伝統工芸の王者にふさわしい記念品です。
七宝独特のガラスのきらめく様や、鮮やかな色味が日本人のみならず海外の人々も魅了しています。
手前にL字型のプレートを彫刻することで美術館のように飾っていただくことができます。

伝統工芸品名入れ兜かぶと

第4位 出世兜

伝統工芸品名入れの人気第4位は出世兜です。
「勝って兜の緒を締めよ」
ここ最近急上昇の日本からの記念品です。
持って行くのに少し大変かもしれませんがここぞと言う時にお使い下さい。
400年の歴史を持つ高岡銅器の兜は、戦国時代の武具としての機能もさることながら、伝統美術の分野において世界的な逸品として注目を集めている存在です。

伝統工芸品名入れ銀器置き物鶴

第5位 東京銀器 置物 鶴

伝統工芸品名入れの人気第5位は東京銀器置き物鶴です。
こちらも最近人気急上昇の鶴の置物です。
銀は白く輝く金属『しろがね』とも云われ、その輝きから『純粋』『無垢』を象徴し いつの時代も神聖なものとされて来ました。
職人技の粋を極めた作品の数々は海外の方にも根強い人気を誇っております。
天駆ける鶴と長寿の亀が吉祥の祝い心を込めて感謝の気持ちを贈ります。

伝統工芸品名入れ屏風時計

第6位 漆芸屏風時計

伝統工芸品名入れの人気第6位は漆芸屏風時計です。
日本のデザイン、持ち運びにコンパクト、実用性と三拍子揃った屏風時計は海外への 日本からのプレゼントとして人気の商品です。
デザインやサイズも豊富に取り揃えておりますのできっとイメージにピッタリなお土産が 見つかるはず。
名入れをして世界に一つだけのオリジナル屏風時計を贈りましょう。

伝統工芸品名入れ漆芸ステーショナリーセット

第7位 漆芸ステーショナリーセット

伝統工芸品名入れの人気お土産第7位は漆芸ステーショナリーセット。
全体に和柄の蒔絵を施したステーショナリーは組み合わせ自由。
「実用品なので誰にプレゼントしても喜ばれる。」「ハンドキャリーで手荷物として持ち運びに場所を取らない。」などが人気の理由。
海外出張やホームステイなどプレゼントとして最適なギフトセットです。
個人的なお客様へのお土産でまよったらこれ!

伝統工芸品名入れ風呂敷きもの姿

第8位 風呂敷きもの姿

伝統工芸品名入れの人気第8位は京風呂敷きもの姿です。
風呂敷がきもの姿に!?
日本の伝統文化が息づいた京風呂敷を海外向けお土産にという発想から生まれたので 風呂敷きもの姿です。
ゴミを少なくするための容器包装としても海外でも注目されています。
見て使って楽しめる風呂敷は海外向け記念品に最適です。

伝統工芸品名入れ文庫

第9位 蒔絵文庫

伝統工芸品名入れの人気第9位は蒔絵文庫です。
これぞ日本の伝統工芸品。
海外には絶対にありません。
やはりデスク周りのものは何個あっても便利ですね。
書類だけでなく大切なものも保管したくなる至極の逸品です。
海外のエグゼクティブへのプレゼントとしていかがでしょうか。

伝統工芸品名入れ蒔絵USB

第10位 蒔絵USB

伝統工芸品名入れの人気第10位は漆芸USBです。
蒔絵という漆芸技法は海外に類例の無い我が国独自のものとされており、世界に誇れる日本特有の文化であり美術工芸といえるものです。
USBは世界中とこでも使用が可能なので国内外問わず誰にプレゼントしても喜ばれるお土産です。
伝統技法を継承する職人が一つ一つ丁寧に仕上げた蒔絵記念品をお楽しみください。

◆◇◆◇◆ おすすめの伝統工芸品 ◆◇◆◇◆

伝統工芸品 人気のカテゴリー

  • 伝統工芸品名入れ七宝焼き額

    七宝焼き

    朝日を浴びて富士山が赤く染まる「赤富士」の現象は、吉祥の象徴と言われ大変縁起の良いモチーフです。
    周年記念の贈答品や海外への記念品としてご利用いただいております。

  • 伝統工芸品名入れ七宝焼き丸飾皿

    七宝焼き
    丸飾皿

    梅は春の訪れを一番に知らせる花として好まれています。
    金地の背景に紅白の梅が映える高級感溢れる七宝焼き飾皿は、海外要人やVIPなど特別な方へお贈りする記念品として喜ばれています。

  • 伝統工芸品名入れ鶴亀置物

    東京銀器
    置物

    江戸の町でも愛された銀器の伝統的な製法を代々受け継ぎ、日本が世界へ誇る伝統工芸となった「東京銀器」。
    松竹梅、鶴亀、扇などの繁栄を寿く縁起物は記念品に最適です。

  • 伝統工芸品名入れミニ出世兜

    高岡銅器
    出世兜

    「勝って兜の緒を締めよ」
    400年の歴史を持つ高岡銅器の兜は、戦国時代の武具としての機能もさることながら、伝統美術の分野において世界的な逸品として注目を集めている存在です。

  • 伝統工芸品名入れ江戸切子小物入れ

    江戸切子
    小物入れ

    平安時代後期より日本で作られている手毬をモチーフにした蓋物です。
    伝統文様の「麻ノ葉文(あさのはもん)」を用い手毬の幾何学文様を表現しています。

  • 伝統工芸品名入れ江戸切子置き物

    江戸切子
    置き物

    鮮やかな金赤の色被せクリスタルガラス置物です。
    祝だるまは、両の目で世の中を見据え、魔を払います。また、両眼があることで祈願成就確実の縁起祝いとして、広く永く幸福をねがうものです。

  • 伝統工芸品名入れ漆器屏風時計

    会津漆器
    初音

    初音の調度とは徳川三代将軍家光の長女千代姫が嫁いだ際に携えてきた婚礼調度の一群をさす物です。
    その豪華さは一日中見ていても見飽きることがないと称えられています。

  • 伝統工芸品名入れ漆器鯉屏風

    会津漆器
    屏風

    日本の季節を彩る花々・風景を蒔絵師が描いた「屏風十二ヶ月」コレクション。
    蒔絵をふんだんに使った豪華な蒔絵とモダンな題材は、和風だけでなく洋風の空間にも似合います。

  • 伝統工芸品名入れ漆芸小箱名刺入れ

    山中漆器
    小箱名刺入れ

    気品あふれる華麗な古都金沢の金箔に富士山を蒔絵で施した艶やかな小箱名刺入れです。
    海外出張やホームステイの日本お土産や記念品、贈答品にお勧めです。

  • 伝統工芸品名入れ漆芸ステーショナリーセット

    山中漆器
    ステーショナリーセット

    日本伝統の漆芸装飾の技、蒔絵をデスク周りの素敵なアイテムに施した大人の高級ステーショナリーセットです。
    マウスパッド、USB、ボールペンなどギフトセットに組み合わせは自由自在。

  • 伝統工芸品名入れ蒔絵写真立

    箔工芸
    写真立て

    市松模様は江戸時代、歌舞伎役者の佐野川市松が袴の柄に使用したことから人気を博しました。
    歴史的にも世界中で愛されており、オリンピック2020東京大会のエンブレムとしても再注目されています。

  • 伝統工芸品名入れ蒔絵USB

    蒔絵
    USBメモリー

    世界中どこでも使えるUSBメモリーに伝統的な蒔絵の技術を施したワンランク上のステーショナリー。
    コンパクトで持ち運びにも便利なUSBはビジネスのギフトにも、ホームステイの日本土産にも最適です。

  • お問い合わせ
  • 法人様お問い合わせ
  • 和風記念品名入れ

カテゴリーから探す

グループから探す

人気アクセスランキング

運営会社

ジャパンプライズ株式会社

〒157-0062
東京都世田谷区南烏山5-25-8 下山ビル3F
Tel) 03-5384-3081
Fax) 03-5384-3082
Mail) info@japanprize.com

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
             
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
             

営業時間:AM9:00〜PM17:00
定休日:毎週土日/祝日

  • 日本伝統工芸品
  • トロフィー
  • ピンバッジ
  • 東京商工会議所
  • 日本国際観光協会
  • 日本官公庁