和風記念品、海外向けギフト|漆器・七宝焼き・江戸切子|3万円以上送料無料!全ての商品に名入れ可能!創業1989年東京都

伝統工芸品を英語で解説

伝統工芸英語説明書

「安心の日本語英語説明書付き!」


海外出張やVIP来日の際に外国人の方に喜ばれる日本のお土産(おみやげ)って何だろう?
漆器ってどうやって説明をすれば良いだろう?
伝統工芸品を説明するのは日本語でも難しいですよね。
弊社の製品は海外向けの記念品として使われることが多いことから、漆器、七宝焼き、江戸切子の商品には安心の英語説明書が付いております。
日本が誇る伝統工芸の技術は、日常の生活の中に美を取り入れ、永く愛される事で国内外を問わず使う方々の気持ちを豊かにしてくれます。
ただ商品を渡すだけでなく、ストーリーも合わせてコミュニケーションツールとしてお役立てください。
日本の伝統工芸品についてもっと知りたい方は「日本ものづくり体験工房ガイド 発見!全国の伝統工芸品」も合わせてご覧下さい。

伝統工芸品の歴史を英語で読む

七宝焼き英語説明

七宝焼き(CLOISONNE)

七宝のおこりは、遠くキプロス島で栄えたミケーネ文明時代とされています。 この七宝の技術は永い年月の間にインドから中国へ渡り、朝鮮半島から仏教文化と共に 我が国に伝来したとされております。 今日残っている我が国最古の七宝焼きは、正倉院御物のなかの「瑠璃鈿背十二陵鏡」でございます。 その後、七宝師、あるいは彫金師によって、七宝の技術は細々と受け継がれ、またその間には キリシタン文化による影響なども受けていたわけですが、江戸時代の天保年間に、愛知県海部群の 梶常吉が努力の末独自の技法をあみ出し、これが今日の我が国の七宝焼きの源流となっております。 その後多くの人々の努力によって、我が国独自の華麗な色彩感覚と豊かな芸術性が加わり、 今日では近代七宝として、世界的にその名声を知られるようになりました。

【CLOISONNE】 Shippo Yaki, the Japanese words for cloisonne, is well known abroad as an outstanding example of Japanese traditional art crafts. In Japan, its origin can be traced back to the Nara Era(A.D.646-794) Modern Japanese cloisonne started to be remarkably developed in the middle part of 19th century, when Dojin Hirata and Tsunekichi Kaji succeeded in making a small container of cloisonne after experimenting for many years. Later, Kaji's pupils were instrumental in elevating the cloisonne techniques to the higher standard as we observe today. Japanese cloisonne products are highly appreciated by non-Japanese as well as by Japanese for their matchless gorgeous colors and refined taste.

漆器英語説明

漆器(LACQUERWARE)

漆は東洋特有のもので、日本・中国をはじめベトナム・ミャンマーなどで発達しましたが、 中でも日本のものは世界的に名高く、英語で磁器をCHINAと呼ぶのに対して、 漆器はJAPANと呼ばれるほどです。 漆器は、約9000年前の縄文時代より作られ、日常で使われてきました。 古くから守り続けられている伝統の技と進化した技法が織りなす会津漆器は、 日々の生活に様々な演出を魅せてくれます。 子や孫へと受け継がれ、世代を超えて愛用できる漆器を取り入れて心豊かな暮らしにお役立て下さい。

【LACQUERWARE】 Lacquerware is a unique art medium that has developed across Asia, mainly in China and Japan, but also having spread as far as Vietnam and Myanmar. However, among all these different traditions of lacquerware across Asia Japan's has gained such a strong reputation that its designs are now simply referred to as "Japan", similar to Chinese porcelain being referred to as "China". Lacquerware has been created and used in daily life in Japan since the Jomon Era approximately 9,000 years ago. The lacquerware of the Aizu region brings together traditions protected over centuries and progressive techniques to bring artistic enrichment to daily lives. We urge you to further explore this cherished art form which has been handed down from generation to generation for enjoying artistic appreciation in your everyday life.

加賀金箔工芸英語説明

加賀金箔工芸

我が国の伝統工芸産業の一つとして今に息づく金箔工芸。 加賀百万石の古より、先人が積み重ねてきた経験と工夫が優秀な製箔技術に昇華し、匠の技として 現代に受け継がれてきました。 しなやかで美しい光を放つ金・銀箔は、美術工芸品に生かされ、加賀百万石の文化を支えてきました。 その薄さ、わずか1万分の1〜3?。10円玉くらいの大きさの合金を畳一畳分の大きさにまで 打ち広げる技術は、まさに伝統に根差した匠の技の結晶と言えます。 特殊技術に裏打ちされた金沢箔と加賀蒔絵技術の融合により造り上げられた加賀箔工芸の 逸品をお楽しみ下さい。

【KAGA Gold-lacquer work】 KANAZAWA Gold-Leaf with KAGA Gold-lacquer work For the production of gold-leaf, a gold alloy consisting of pure gold and silver mixed with some copper is prepared. This gold alloy is then extended to a uniform thickness of 1~3/10.000mm, without losing the brilliancy of gold. 1~3/10.000mm may not be easy to grasp. The following comparison may help you to imagine how thin the gold leaf is; Kanazawa gold leaf craftsmen can pound a piece of gold in the size of a 10yen coin evenly into the size of a tatami mat. Producing Gold leaf is not simply prounding gold into a leaf. It requires refined techniques for each process. Gold leaf craftwork alive now as one of the traditional industries of our country. From old Kaga Hyakumangoku, experience and ingenuity that ancestor made an effort to inherit. It has been handed by current craftsmen. Please enjoy our products, made of KANAZAWA Gold-leaf with KAGA Gold-lacquer work.

江戸切子英語説明

江戸切子

我が国のカットグラスは、正倉院にある「白瑠璃 碗」をはじめ、古代に属するものは何れも舶来のもので、 日本人の手によって製作された 歴史はずっと新しく、近世に入ってからのことです。 天保5年(1834)加賀屋久兵衛が、江戸大伝馬町で金剛砂を用いてガラスを彫刻 し、切子細工の法工夫したと伝えられる。 これが我が国におけるカットグラスの始まりで す。 現存する加賀屋の引札(一枚刷りカタログ)には和物・唐物・蘭物が入り混じって描か れていて、 カットグラスの製品も多く、未だ鎖国下の我が国ではあったが、オランダとの 貿易によって、 カットグラスが輸入され、加賀屋の製品にもその意匠にヨーロッパの影響 を受けたものが多く見られます。 そして、このカットグラスに対して「切子」の言葉が用いられ始めたのは18世紀末頃 であり、 天明8年(1788)刊の「蘭説弁惑」には「食盤の上におく硝子きりこ様のし ほ入れ」という説明がある。 また、広辞苑(新村出編)には、きり・こ〔切子〕の項に、四角な物の、かどかどを切り落とした形ガラス(切子硝子)カット・グラスに同じ としてあります。 この説明は、平磨き加工 によるガラス製品の形が考えられ、これがカット・グラスにつながるのではないで しょうか。

【Edo Kiriko】 The history of Edo Kiriko started in 1834, in the late Edo period when Kyubei Kagaya established special glass cutting techniques by sculpting glass with emery power. The government operated a factory called Shinagawa Glass, established in 1873 that inherited Kagaya's exquisite cutting techniques. In 1881 a British master, Emanuel Hauptman was invited to train some Japanese craftsmen. The founder of Horiguchi Glass, Ichio Horiguchi was a direct descendant of Tokumatsu Ohashi, one of the Hauptman's trainees. Edo Kiriko was designated a traditional Japanese craft in 2002.

江戸硝子英語説明

江戸硝子

日本の硝子製造は、弥生時代に始まるがしばらく中断後、江戸時代に中国、西洋から製法が伝わりビードロ等の名前でいろいろなガラス器が作られました。 明治になって東京品川に官製の品川硝子製造所が開設され、外国人技師を教師として招き、製造技術を教わり近代の硝子製造が始まりました。 その後、そこの生徒たちが独立し、東京の下町を中心に工場を立ち上げガラス器の製造が盛んになりました。原料や燃料の石炭を運ぶのに東京下町は便利であったためであります。 今も手作りのガラス器製造の中心は東京下町とその近辺です。

【Edo Glass】History and Characteristics
1. Glass production in Japan
Glass production began in Japan during the Yayoi Period(300 BCE-300 CE). Production was discontinued for a time from the Heian Period(794-1185)to the Muromachi Period(1338-1573),before being revived following the importation of glassmaking technologies from China,Portugal and the Neherlands in the 16th and 17th centuries. Former names for glass in Japanese form of lapis lazuli; hair from the Chinese word doli; biidoro from the Dutch word diamant, These names links that glass production in Japan enjoys.
2. Glass production in Edo(Tokyo)
Glass production in Edo is said to have started at the beginning of the 18th century, with items such as mirrors and eyeglasses produced by the first Kagaya(Minagawa)Kyubei in the Nihonbashi-Torishiocho neighborhood. Ornamental hairpins and wind chimes were also produced by Kazusaya Tomesaburo in the Asakusa neighborhood. The names of Kagaya Kyubei and his son Kumasaki Yasutaro are included in the caralog of exhibits for Japan's First National Industrial Exhibition in 1877.
3.Characteristics
Modern glass production was brought to Edo after first passing through Nagasaki, Osaka and Kyoto. In addition to items such as dishware for everyday use and bottles/jars, scientific instruments such as thermometers and hydrometers were made in response to orders from the scholar and politician Sakuma Shozan(1811-1864)as well as other people. During the early Meiji Period, glassmaking developed into one of Tokyo's local industries as modern European methods were integrated and the industry grew to meet a wide range of needs.

高岡銅器英語説明

高岡銅器

高岡銅器は、慶長16年(1611年)に加賀藩主前田利長公が高岡城を築城した際、現在の金屋町に鋳物師を招致し工場を開かせたことに始まります。明治期にパリ万国博などで世界に名を高め今日まで技術伝承に努め、現代では「金工は高岡」と言われるほど、幅広い加工、着色技術を保持し、銅製の工芸品については、品質において高岡がもっとも優れています。

【Takaoka Metal Works】 The history of Takaoka metal works dates back to 1611, When the lord Toshinaga Maeda of Kaga domain had built Takaoka Castle and invited founders to open foundries in Kanaya-machi. In Meiji period, Takaoka metal works became globally known as works was presented at shows like Pris Expo. Skills of the master craftsmen have been handed down for generations. Nowadays, Takaoka is called "Metalwork Capital" for its high skills in processing and coloring. The quality of copperware crafts of Takaoka is the best in the world.

海外で人気の日本伝統工芸品 ランキング

七宝額

第1位 七宝焼き(額)

海外で人気の日本の伝統工芸品おすすめランキング第1位は七宝焼き(額)です。
日本の伝統工芸品として世界中にもファンの多い七宝焼きは、陶磁器にはない透明感と、鮮やかな釉薬の下からのぞくきらきらとした銀の輝きが特徴です。
生地も銅板で出来ておりますので、陶器よりも耐久性が強く海外向けの記念品として扱いやすいのも人気の一つです。
海外支社の創立記念や竣工記念の贈答品として選ばれております。

屏風

第2位 漆器屏風

海外で人気の日本の伝統工芸品おすすめランキング第2位は漆器屏風でした。
漆器は東洋特有のもので、日本・中国をはじめベトナム・ミャンマーなどで発達しましたが、日本のものは 世界的に名高く、英語で磁器を"china"と呼ぶのに対して、漆器は"japan"と呼ばれるほどです。
これは漆器が日本独特の伝統工芸品であることを意味します。
海外向け記念品としてモダンで温かみのある会津漆器を贈ってみてはいかがでしょうか。

七宝飾皿

第3位 七宝焼き(皿)

海外で人気の日本の伝統工芸品おすすめランキング第3位は七宝焼き(丸皿)でした。
ダイナミックに繊細に描かれた赤富士や鶴など日本を感じさせるデザインが人気の丸皿。
まさに日本の伝統工芸の王者にふさわしい記念品です。
七宝独特のガラスのきらめく様や、鮮やかな色味が日本人のみならず海外の人々も魅了しています。
手前にL字型のプレートを彫刻することで美術館のように飾っていただくことができます。

出世兜

第4位 出世兜

海外で人気の日本の伝統工芸品おすすめランキング第4位は出世兜です。
「勝って兜の緒を締めよ」
ここ最近急上昇の日本からの記念品です。
持って行くのに少し大変かもしれませんがここぞと言う時にお使い下さい。
400年の歴史を持つ高岡銅器の兜は、戦国時代の武具としての機能もさることながら、伝統美術の分野において世界的な逸品として注目を集めている存在です。

銀器置き物鶴

第5位 東京銀器 置物 鶴

海外で人気の日本の伝統工芸品おすすめランキング第5位は東京銀器置き物鶴です。
こちらも最近人気急上昇の鶴の置物です。
銀は白く輝く金属『しろがね』とも云われ、その輝きから『純粋』『無垢』を象徴し いつの時代も神聖なものとされて来ました。
職人技の粋を極めた作品の数々は海外の方にも根強い人気を誇っております。
天駆ける鶴と長寿の亀が吉祥の祝い心を込めて感謝の気持ちを贈ります。

金箔屏風時計

第6位 金箔工芸屏風時計

海外で人気の日本の伝統工芸品おすすめランキング第6位は金箔工芸屏風時計です。
日本のデザイン、持ち運びにコンパクト、実用性と三拍子揃った屏風時計は海外への 日本からのプレゼントとして人気の商品です。
デザインやサイズも豊富に取り揃えておりますのできっとイメージにピッタリなお土産が 見つかるはず。
名入れをして世界に一つだけのオリジナル屏風時計を贈りましょう。

蒔絵ステーショナリーセット

第7位 蒔絵ステーショナリーセット

海外で人気の日本の伝統工芸品おすすめランキングお土産第7位は蒔絵ステーショナリーセット。
全体に和柄の蒔絵を施したステーショナリーは組み合わせ自由。
「実用品なので誰にプレゼントしても喜ばれる。」「ハンドキャリーで手荷物として持ち運びに場所を取らない。」などが人気の理由。
海外出張やホームステイなどプレゼントとして最適なギフトセットです。
個人的なお客様へのお土産でまよったらこれ!

風呂敷きもの姿

第8位 風呂敷きもの姿

海外で人気の日本の伝統工芸品おすすめランキング第8位は京風呂敷きもの姿です。
風呂敷がきもの姿に!?
日本の伝統文化が息づいた京風呂敷を海外向けお土産にという発想から生まれたので 風呂敷きもの姿です。
ゴミを少なくするための容器包装としても海外でも注目されています。
見て使って楽しめる風呂敷は海外向け記念品に最適です。

蒔絵文庫

第9位 蒔絵文庫

海外で人気の日本の伝統工芸品おすすめランキング第9位は蒔絵文庫です。
これぞ日本の伝統工芸品。
海外には絶対にありません。
やはりデスク周りのものは何個あっても便利ですね。
書類だけでなく大切なものも保管したくなる至極の逸品です。
海外のエグゼクティブへのプレゼントとしていかがでしょうか。

蒔絵USB

第10位 蒔絵USB

海外で人気の日本の伝統工芸品おすすめランキング第10位は蒔絵USBです。
蒔絵という漆芸技法は海外に類例の無い我が国独自のものとされており、世界に誇れる日本特有の文化であり美術工芸といえるものです。
USBは世界中とこでも使用が可能なので国内外問わず誰にプレゼントしても喜ばれるお土産です。
伝統技法を継承する職人が一つ一つ丁寧に仕上げた蒔絵記念品をお楽しみください。

日本伝統工芸品 人気のカテゴリー

  • 七宝額

    七宝焼き

    朝日を浴びて富士山が赤く染まる「赤富士」の現象は、吉祥の象徴と言われ大変縁起の良いモチーフです。
    周年記念の贈答品や海外への記念品としてご利用いただいております。

  • 七宝飾皿

    七宝焼き
    丸飾皿

    梅は春の訪れを一番に知らせる花として好まれています。
    金地の背景に紅白の梅が映える高級感溢れる七宝焼き飾皿は、海外要人やVIPなど特別な方へお贈りする記念品として喜ばれています。

  • 鶴亀置物

    東京銀器
    置物

    江戸の町でも愛された銀器の伝統的な製法を代々受け継ぎ、日本が世界へ誇る伝統工芸となった「東京銀器」。
    松竹梅、鶴亀、扇などの繁栄を寿く縁起物は記念品に最適です。

  • ミニ出世兜

    高岡銅器
    出世兜

    「勝って兜の緒を締めよ」
    400年の歴史を持つ高岡銅器の兜は、戦国時代の武具としての機能もさることながら、伝統美術の分野において世界的な逸品として注目を集めている存在です。

  • 江戸切子小物入れ

    江戸切子
    小物入れ

    平安時代後期より日本で作られている手毬をモチーフにした蓋物です。
    伝統文様の「麻ノ葉文(あさのはもん)」を用い手毬の幾何学文様を表現しています。

  • 江戸切子置き物

    江戸切子
    置き物

    鮮やかな金赤の色被せクリスタルガラス置物です。
    祝だるまは、両の目で世の中を見据え、魔を払います。また、両眼があることで祈願成就確実の縁起祝いとして、広く永く幸福をねがうものです。

  • 屏風時計

    会津漆器
    初音

    初音の調度とは徳川三代将軍家光の長女千代姫が嫁いだ際に携えてきた婚礼調度の一群をさす物です。
    その豪華さは一日中見ていても見飽きることがないと称えられています。

  • 鯉屏風

    会津漆器
    屏風

    日本の季節を彩る花々・風景を蒔絵師が描いた「屏風十二ヶ月」コレクション。
    蒔絵をふんだんに使った豪華な蒔絵とモダンな題材は、和風だけでなく洋風の空間にも似合います。

  • 小箱名刺入れ

    山中漆器
    小箱名刺入れ

    気品あふれる華麗な古都金沢の金箔に富士山を蒔絵で施した艶やかな小箱名刺入れです。
    海外出張やホームステイの日本お土産や記念品、贈答品にお勧めです。

  • ステーショナリーセット

    山中漆器
    ステーショナリーセット

    日本伝統の漆芸装飾の技、蒔絵をデスク周りの素敵なアイテムに施した大人の高級ステーショナリーセットです。
    マウスパッド、USB、ボールペンなどギフトセットに組み合わせは自由自在。

  • 蒔絵写真立

    箔工芸
    写真立て

    市松模様は江戸時代、歌舞伎役者の佐野川市松が袴の柄に使用したことから人気を博しました。
    歴史的にも世界中で愛されており、オリンピック2020東京大会のエンブレムとしても再注目されています。

  • 蒔絵USB

    蒔絵
    USBメモリー

    世界中どこでも使えるUSBメモリーに伝統的な蒔絵の技術を施したワンランク上のステーショナリー。
    コンパクトで持ち運びにも便利なUSBはビジネスのギフトにも、ホームステイの日本土産にも最適です。

  • お問い合わせ
  • 法人様お問い合わせ
  • 和風記念品名入れ

カテゴリーから探す

グループから探す

人気アクセスランキング

運営会社

ジャパンプライズ株式会社

〒157-0062
東京都世田谷区南烏山5-25-8 下山ビル3F
Tel) 03-5384-3081
Fax) 03-5384-3082
Mail) info@japanprize.com

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
             

営業時間:AM9:00〜PM17:00
定休日:毎週土日/祝日

  • 日本伝統工芸品
  • トロフィー
  • ピンバッジ
  • 東京商工会議所
  • 日本国際観光協会
  • 日本官公庁